すとーる・まーじん

ロケットとか飛行機とかもぐもぐします

美唄円形校舎探索(沼東小学校跡)

 前から気になっていた北海道は美唄市にある円形校舎(旧沼東小学校)に行ってきました。小学校までのアクセスが面倒であったので備忘メモ的なものを。

 

アクセス

 美唄市内の方から道道135号を東へ進み三菱美唄記念館まで進む(図1)。美唄国設スキー場(既に廃業)の隅っこに車を止め、地図を眺める。地図を見るに先に橋を渡ってしまうのも手だが民有地であるため、断念する。衛星写真をよくよく眺めると遠回りではあるが、端を渡らずに突き進むと森の奥に橋がある(図2)。図2中の黄色矢印図3から入る。

 f:id:harune3:20170831223418p:plain

図1 道道135号から三菱美唄記念館へ

 

f:id:harune3:20170831223413p:plain

図2 アクセスを考える

 

f:id:harune3:20170831223307j:plain

 図3 ここから入る

 

f:id:harune3:20170831223221j:plain

 図4 図2中の橋を折り返したあたり

 

 想像はしていたが夏真っ盛り、当然やぶである。図4のようなやぶを突き進む。今回は非常に軽装で来てしまったが、長袖長ズボンはもちろんのこと、ぬかるんでいる箇所もあるため、軍手、長靴(ブーツ)は必須である。そんなこんなで円形校舎にたどり着く。森の中にひっそりと佇む校舎は素敵だった。昔の子供たちはどういう経路で通学していたのだろう…。

 円形校舎

f:id:harune3:20170831223302j:plain

f:id:harune3:20170831223249j:plain

f:id:harune3:20170831223255j:plain

 

おまけ。羽幌炭鉱跡(図5、図6)とオトンルイ風力発電機群も見てきました。前回は夕暮れの曇り空だったのでこれこそ夏の北海道のような天候に恵まれてよかった。

羽幌炭鉱

f:id:harune3:20170831223235j:plain

f:id:harune3:20170831223230j:plain

オトンルイ風力発電機群

f:id:harune3:20170831223226j:plain